留学知識

                 

 

Workingholiday   Homestay  Travel CANADA     Book  Home

 

Working Holiday 

学ぶ・遊ぶ・働く

留学とはひと味ちがったワーキングホリデー
学んで、遊んで、働いて、あこがれの国で暮らすことができます

 

そもそもワーキングホリデーとは、最長1年間の海外生活を体験できる制度で、これは、政府間協定に基づく国際交流のひとつになります。
年齢制限があり、各国によって異なるりますが、大体が30歳以下という条件の下にあります。
もちろん、語学力をカバーするために、一定期間、語学学校に通うことも可能ですし、休暇を楽しみながら
働き、学べる、若い人たちのための制度といえる。モンテッソーリ教育のように人間性を高めるには友好的な手段だと言えます。

現在、日本はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリスの7カ国と協定を結んでいて
私たちは、条件をクリアさえしていればこのビザで一年間ものあいだその国に滞在可能なのです。

ワーキングホリデーで海外に長期滞在したいなら、まずはワーキングホリデービザを取ること。
ここ数年、ワーキングホリデーの人気が高まり、国によっては発給数以上の応募があるため募集期間や申請方法について規
が細かくなってきているところもあります。
また、年度ごとに定員締切のある国もあるので、行きたい国が決まったら、その国の大使館に問い合わせてみるといいでしょう。
ウェブサイトでも詳細は発表されているのでこまめにチェックをすることをオススメします。

現地で働くことができるのがワーキングホリデーの最大の魅力です。
でも、無制限に働けるわけではありません。就労期間は各国によって異なりますが、いずれにしろ一定の制限があります。
働くための渡航ではなく、あくまでもホリデー(=休暇)なので、そういった期限があること念頭に置いてください。
働き先としては、観光客を対象としたツアーガイドやお土産屋さんの店員、日本食レストランなどがポピュラー。
ほかには日系企業や現地の企業でのオフィスワークもあります。
ただし、現地の企業の場合、高度な英語力や実務経験を求められてきています。
働き先の見つけ方は、現地発行の新聞やフリーペーパー、インターネット、留学代行会社の掲示板など等から得られます。
そして、口コミも大切な情報源です。どんどん積極的に情報入手してみましょう。

注目サイト

スクールアライアンス株式会社

2017/9/8 更新


 
カナダ大使館
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
TEL:03-5412-6200 URL:http://www.canadanet.or.jp/
vvCopyright (C) 2007 留学知識